MITA通信

Facebook Facebook

さぁ~本番だ 事前学習もバッチリ。稲美町立天満南小学校の疏水学習

2021.10.8

                    令和3年10月8日()午前8時50分~12時00分

 なんと秋晴れのはずが夏に戻ったように暑い。もう10月ですよ。30℃超えかな?
 今日は、児童29人4年1組が稲美町の練部屋分水所と御坂サイフォン(水管橋・沈下含む)、と吞吐ダムの見学。
 二日前に事前学習を行い、楽しみにしていた現地見学です。
 最初は、稲美町の練部屋分水所。東播用水土地改良区の藤田参事が説明をして頂きました。
 分水所とは、水を分ける為の施設。1891年に淡河川疏水が出来て、それでも足りないので山田川疏水も追加となりました。円錐形の施設に入り、今は水量も無く分水の内側がよく観察できました。直径は3.3m。高さ2.55mとなっていて、分割(①印南・手中・森安、②蛸草、③天満、④加古)出来るような仕組みです。天満南小学校区へは、森安のゲートから流れていきますと説明。
 
 9時40分からは、吞吐ダムへ移動。福森真理所長が概要について説明されました。
 高さ約70m。長さ260m。ダムの貯水量は、京セラドーム15個分。水の使い道は?と質問され、子供たちからは上水道。飲み水や田んぼへと発表があり、大正解と褒められました。全開すると1秒間に25mプール2杯分がいっぺんに放流されるそうです。(実際は危険で出来ないけどね)
 ダムの管理棟の壁には、吞吐ダムに流入する大川瀬導水路の大きさが書かれていました。(写真で大きさを確認)

続いて、御坂サイフォン。再度、藤田参事の説明で。クイズ形式で10問以上問題と回答を絵コンテ付きで説明して頂きました。
 また、加古川流域土地改良事務所農村計画第1課の木村さんがサイフォンの仕組みをミニチュア模型で現地の上流と下流を指さししながら解り易く話されました。
 藤田参事からは、水管橋について、新しくポリマーセメントで修繕し補強していますと説明。
 子供から、どんな材料で作られているのですかと質問され、6mのダクタイル鋳鉄管(DCIP:外側は鉄。中側はコンクリート)を163本使用と回答。2年前に塗装し、約1千万円かかった。
 また、今日は、行けなかったけど、水を溜め送る最初の淡河川頭首工から7.7km。練部屋分水所まで18kmもあるんだよと回答され、子供たちからは凄いと歓声が揚がっていました。
 子供たちは、講師の方の話を真剣に耳を傾け、ノートに書き込んでいました。こうやって水の大切さを覚えていくんだね。水を大切にするんだよ。いやするだろうね。この子たちは。

 疏水学習の目的
 ・水の循環、水源地域の大切さを学習する。
 ・淡河川山田川疏水のスケールや仕組みに注目しながら、先人の偉業を現地で確認する。
 ・農業用水と上流の水源地域の関わりについて理解を深める。

ページの先頭へ