東播磨のコウノトリ

Facebook Facebook

令和3年度のコウノトリ飛来状況報告

令和3年度コウノトリ飛来状況報告

令和3年度、東播磨に飛来したコウノトリは139羽でした! 昨年度の1.5倍になります。
国内の野外を飛翔する約250羽のうち、半数以上が飛来したことになります。

各市町別では、明石市に72羽、加古川市に132羽、高砂市に14羽、稲美町に73羽、播磨町に26羽のコウノトリが観測されました。※重複含む

コウノトリの飛来数を月別でみるとピークは、12月の124羽になります。
ため池はメンテナンスのため10月~2月は水位を下げることから、浅瀬で餌を獲るコウノトリには好都合な環境です。そのためコウノトリは、10月~2月ごろに飛来数が多くなると考えられます。

 

また今シーズン、一度にたくさんのコウノトリが飛来したため池は、加古川市志方町にある深志野池となりました。
その数なんと64羽。縄張り意識が強く群れることの少ないコウノトリが一度に64羽飛来することは非常に珍しいです。

2021/12/23 加古川市志方町 深志野池

令和3年度に実施した「WANTEDコウノトリ3rd season」では、応募者約330名の方から、計2000枚を超える写真を提供していただきました。
本当にありがとうございました。

令和元年度より実施している「WANTEDコウノトリ」は令和3年度をもちまして終了とさせていただきます。
多数のご応募ありがとうございました。

 

ページの先頭へ