MITA通信

Facebook Facebook

加古小学校4年生 淡山疏水現地見学会 令和2年11月17日(火)

2020.11.17

稲美町の加古小学校の4年生、約16名が呑吐ダム、御坂サイフォン、老ノ口分水所、などを見学しました。
   
呑吐ダムでは、堤体からしたを見下ろし70メートル以上の高さを体験しました。
「貯水量は1,780万立方メートル、ダムの高さは姫路城の1.5倍です」などの説明を加古川流域土地改良事務所の木村さんから説明を受けました。
恐る恐るダムから下を覗き込んで感心していました。
御坂サイフォンでは、東播用水土地改良区の大橋さんと加古川流域土地改良事務所の木村さんから山から谷を通って、向かいの山へ水を運ぶ仕組みをミニチュアセットに青色の水を流して解り易い説明を受けました。
サイフォンに沿って歩いた時には実際に鉄管に触れて感触を感じていました。
老ノ口分水所では、水路から流れてくる水とゴミの撤去方法の説明を受け、稲美町の自分の住んでいるところまで、どうやって、いなみ野台地まで水が届けられているかなど、水の歴史を勉強することができました。

ページの先頭へ