農業用水水源地域の保全普及促進対策(ソフト事業)地域温暖化と農業農村整備事業
良質な農業用水の安定的な供給と国土の保全並びに京都議定会議書森林吸収目標達成に向けて森林整備の強力な推進が不可欠です。
このため、森林用水水源林の間伐等を進めるハード事業及び農業用水と水源林に係る理解を深める活動等のソフト対策を実施します。
 
1.保全促進対策(農村振興局事業)
○下記の調査計画
○事業主体 : 都道府県
○補助率 : 定額
○農業用水水源林保全調査
・ハード事業(耕作放棄地含む)の地域設定等に係る調査
・地域設定に必要な取水施設等の調査
 
○耕作放棄地に関する計画策定
・耕作放棄地に関する調査、調整
・耕作放棄地の利用計画の策定
 
○普及促進基本計画策定
・市町村、土地改良区等が取り組む普及促進活動の基本
 方針等を策定
・普及促進対策の目標等の策定
2.普及促進対策(農村振興局事業)
○農業用水と水源林に係る理解を深める活動等の実施
○事業主体 : 都道府県、市町村、森林組合等
○補助率 : 定額
1.農業用水関連特定森林整備事業(林野庁事業)
○農業用水の水源地域における水源林の間伐等
○事業主体 : 都道府県、市町村、森林組合等
○補助率 : 3/10等
 
2.耕作放棄地対策(農地環境調整事業、農村振興局事業)
○山際の耕作放棄地における植林
○事業主体 : 都道府県、市町村
○補助率 : 5.5/10等
 
(参考)
京都議定書森林吸収目標1,300万炭素トンを達成するには、平成19から24年度までの6年間において、毎年55万haの森林整備が必要
森林水産関係事業一体となって森づくりを推進
 
事業実施期間 : 平成19〜24年度
  次へ進む [上へ戻る]

いなみ野ため池ミュージアム推進実行委員会 (兵庫県・明石市・加古川市・高砂市・稲美町・播磨町)