兵庫県の東播磨地域では水辺を活かした新しいふるさとづくり「いなみ野ため池ミュージアム」を進めています
リンク集 お問い合わせ サイトマップ
TOP < ため池へでかけてみよう < 野田池
ため池へでかけてみよう
野田池 ○山陽自動車道「加古川北I.C」から南へ約2.5km
○JR山陽本線「宝殿駅」から北へ約9.5km
 
標高272メートルの城山(中道子山)の麓、のどかな農村部にあるため池。「野田池なかよしの会」を発足し、子どもたちも安心して水辺に近寄ることができる親水護岸、渡り鳥たちの生育・休憩の場となる小島など、すべての生き物にやさしい水辺となるように改修工事が進められ、新たな憩いのスポットとなっています。周りには美しい田園風景が広がり、野田池のすぐ近くを近畿自然歩道が通っています。
 
眺めがすてき 散策道あり 公園・広場あり 野鳥の飛来池 水生植物あり 歴史的スポット
 
[ポイント] 安楽寺
もとは真言宗の寺院で、城山の山頂に無量寿院が創建されたのですが、赤松氏の築城により、山麓に移されました(1380年)。赤松氏の没落後、浄土宗寺院として再建されました。白い塀が長く続いているのが印象的で、春には見事な桜も楽しめます。加古川市の"わがまち加古川50選"にも選ばれています。
前のページへ戻る ▲ページのTOPへ
Copyright(c) 2008 INAMINO TAMEIKE MUSEUM, All Right Reserved.