兵庫県の東播磨地域では水辺を活かした新しいふるさとづくり「いなみ野ため池ミュージアム」を進めています
リンク集 お問い合わせ サイトマップ
TOP < 兵庫のため池 < 加古川市概要
兵庫のため池
人口 266,937人(平成22年10月1日現在)
面積 138.51ku
市役所所在地 兵庫県加古川市加古川町北在家2000
市制の方針 豊かな自然と都市的な利便性を兼ね備えた本市の特性をいかしながら、「だれもが支えあうウエルネスなまちづくり」「子どもの笑顔を大切にする教育」「産業の創業と再生」「水と緑を生かした"ふるさと"の実現」の4つのビジョンをもとに、人にやさしい生活空間の創造をめざしています。
問い合わせ
窓口 地域振興部農林水産課
TEL 079(421)2000[代表]
FAX 079(424)1373
e-mail nousui@city.kakogawa.hyogo.jp
 
市の概要
地場産業には、奈良県、東京都とともに全国三大産地を形成している靴下製造業や、独特のデザインや品格、手工性を特色とし全国的に有名な国包建具があります。
聖徳太子が創立された国宝鶴林寺(加古川町北在家424)があり、「刀田の太子さん」とよばれて庶民の信仰あつく、また「播磨の法隆寺」ともよばれ、多くの文化財が護持され、人々の信仰と心のやすらぎの場となっています。また、寺田池・明神の森、泊神社(宮本伊織ゆかりの地)、みとろフルーツパークなどの観光スポット「わがまち加古川50選」があります。
 
ため池
播磨平野に位置する本市は、平坦な地形のため、全国的にみても多い335ヶ所のため池があります。昭和40年代からの開発により市街地の農地は減少し、ゴミの捨て場所になっている池も見受けられます。また、農業者の減少、高齢化により維持管理が困難になっているため、水辺を、市民の身近なやすらぎの場として有効に活用することに努めていきます。なお、警戒ため池として指定しているものは12ヶ所あり、危険度の高いものより改修しています。
 
駅ケ池
(うまやがいけ/野口町野口)

付近に646年頃創立された賀古駅(かこのうまや)があったといわれ、池の名称もこれによるものと思われます。
野田池(志方町岡)
ため池の張ブロックに、みんなで絵を描いています。トンボ、サカナ、カメ、いろんな物が描けました。
前のページへ戻る ▲ページのTOPへ
Copyright(c) 2008 INAMINO TAMEIKE MUSEUM, All Right Reserved.