兵庫県の東播磨地域では水辺を活かした新しいふるさとづくり「いなみ野ため池ミュージアム」を進めています
リンク集 お問い合わせ サイトマップ
TOP < ため池王国・東播磨の挑戦 < いなみ野ため池ミュージアムの背景
ため池王国・東播磨の挑戦
いま、人々は、「安全・安心」「自然環境との調和」「モノからこころの豊かさ」へと、新しい価値観を求めるように
なってきています。

ため池やそれを結ぶ水路はもともと農業用ですが、これからは、それを基本としながらも、防災・自然環境・景観をはじめ、ため池の持ついろいろな機能にも配慮して管理や整備などを進めていくべきではないでしょうか。
しかも、いま「ため池」は、さまざまな問題を抱えています。

ため池管理者はもちろん、地域住民やため池を利用する地域外の人たちなど、ため池にかかわるすべての人々が、ため池の持つ多様な価値と可能性を見つめ直しながら、ため池の保全や育成、利活用の仕方をともに考え、ともに力をあわせて守り育てていくことが必要でしょう。

こうしたなかにあって、ため池にかかわる多くの方々の"参画と協働"により、ため池を地域のかけがえのない財産として後世に引き継いでいくとともに、それを核として新しいふるさとづくりを進めていこうとするのが
『いなみ野ため池ミュージアム』です。

前のページへ戻る ▲ページのTOPへ
Copyright(c) 2008 INAMINO TAMEIKE MUSEUM, All Right Reserved.