兵庫県の東播磨地域では水辺を活かした新しいふるさとづくり「いなみ野ため池ミュージアム」を進めています
リンク集 お問い合わせ サイトマップ
TOP < ため池王国・東播磨の挑戦 < 水辺を守り 活かし 伝える
ため池王国・東播磨の挑戦


農家のたゆまぬ努力により守られながら、美しい自然環境や多彩な伝統文化を豊かにはぐくみ、地域の温かい絆を深めてきた「ため池」や「水路」。しかしながら、都市化の進行や生活排水の流入、ゴミ投棄の増加、管理の粗放化など、現在のため池や水路を取りまく状況は厳しいものがあります。
いまに生きる私たちは、こうした水辺空間の持つ多様な価値と可能性を見つめ直し、地域のかけがえのない財産として、水辺を「守り」「活かし」「伝える」努力をともに続けていく必要があるのではないでしょうか。
こうしたなかにあって、固有の「ため池文化」が豊かに息づく東播磨地域では、農業関係者はもとより、住民・学校・団体・企業・行政など、地域みんなの参画と協働のもと、この先人の“遺産”である水辺空間を、次代の“資産”としてより素晴らしい姿で引き継いでいくとともに、それを核とした魅力いっぱいの地域づくりを進める『いなみ野ため池ミュージアム』の実現をめざしています。
全国有数のため池密度を誇る“ため池王国・東播磨”ーいま、この地ならではの新しいふるさとづくりへの挑戦が始まっているのです。
前のページへ戻る ▲ページのTOPへ
Copyright(c) 2008 INAMINO TAMEIKE MUSEUM, All Right Reserved.